万葉集4497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4497番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4497番について

歌番号

4497番

原文

美牟等伊波婆|伊奈等伊波米也|宇梅乃波奈|知利須具流麻弖|伎美我伎麻左奴

訓読

見むと言はば否と言はめや梅の花散り過ぐるまで君が来まさぬ

かな読み

みむといはば|いなといはめや|うめのはな|ちりすぐるまで|きみがきまさぬ

カタカナ読み

ミムトイハバ|イナトイハメヤ|ウメノハナ|チリスグルマデ|キミガキマサヌ

ローマ字読み|大文字

MIMUTOIHABA|INATOIHAMEYA|UMENOHANA|CHIRISUGURUMADE|KIMIGAKIMASANU

ローマ字読み|小文字

mimutoihaba|inatoihameya|umenohana|chirisugurumade|kimigakimasanu

左注|左註

右一首主人中臣清麻呂朝臣

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|植物

校異

特に無し

寛永版本

みむといはば,[寛]みむといはは,
いなといはめや[寛],
うめのはな[寛],
ちりすぐるまで,[寛]ちりすくるまて,
きみがきまさぬ,[寛]きみかきませは,

巻数

第20巻

作者

中臣清麻呂

タイトルとURLをコピーしました