大伴家持が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4178番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4178番について歌番号4178番原文吾耳|聞婆不怜毛|霍公鳥|生之山邊尓|伊去鳴訓読我れのみし聞けば寂しも霍公鳥丹生の山辺にい行き鳴かにもかな読みわれのみし|きけばさぶしも...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4179番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4179番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4179番について歌番号4179番原文霍公鳥|夜喧乎為管|我世兒乎|安宿勿令寐|由米情在訓読霍公鳥夜鳴きをしつつ我が背子を安寐な寝しめゆめ心あれかな読みほととぎす|よなきをし...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4180番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4180番について歌番号4180番原文春過而|夏来向者|足桧木乃|山呼等余米|左夜中尓|鳴霍公鳥|始音乎|聞婆奈都可之|菖蒲|花橘乎|貫交|可頭良久麻尓|里響|喧渡礼騰母|尚...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4165番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4165番について歌番号4165番原文大夫者|名乎之立倍之|後代尓|聞継人毛|可多里都具我祢訓読大夫は名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐがねかな読みますらをは|なをし...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4181番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4181番について歌番号4181番原文左夜深而|暁月尓|影所見而|鳴霍公鳥|聞者夏借訓読さ夜更けて暁月に影見えて鳴く霍公鳥聞けばなつかしかな読みさよふけて|あかときつきに|か...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4150番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4150番について歌番号4150番原文朝床尓|聞者遥之|射水河|朝己藝思都追|唱船人訓読朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人かな読みあさとこに|きけばはるけし|いみづ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4151番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4151番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4151番について歌番号4151番原文今日之為等|思標之|足引乃|峯上之櫻|如此開尓家里訓読今日のためと思ひて標しあしひきの峰の上の桜かく咲きにけりかな読みけふのためと|おも...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4152番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4152番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4152番について歌番号4152番原文奥山之|八峯乃海石榴|都婆良可尓|今日者久良佐祢|大夫之徒訓読奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴かな読みおくやまの|やつを...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4153番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4153番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4153番について歌番号4153番原文漢人毛|筏浮而|遊云|今日曽和我勢故|花縵世奈訓読漢人も筏浮かべて遊ぶといふ今日ぞ我が背子花かづらせなかな読みからひとも|いかだうかべて...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4154番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4154番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4154番について歌番号4154番原文安志比奇|山坂而|去更|年緒奈我久|科坂在|故志尓之須米婆|大王之|敷座國者|京師乎母|此間毛於夜自等|心尓波|念毛能可良|語左氣|見左...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4155番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4155番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4155番について歌番号4155番原文矢形尾乃|麻之路能鷹乎|屋戸尓須恵|可伎奈泥見都追|飼久之余志毛訓読矢形尾の真白の鷹を宿に据ゑ掻き撫で見つつ飼はくしよしもかな読みやかた...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4140番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4140番について歌番号4140番原文吾園之|李花可|庭尓落|波太礼能未|遺在可母訓読吾が園の李の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかもかな読みわがそのの|すもものはなか|に...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4156番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4156番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4156番について歌番号4156番原文荒玉能|年徃更|春去者|花耳尓保布|安之比奇能|山下響|墜多藝知|流辟田乃|河瀬尓|年魚兒狭走|嶋津鳥|鵜養等母奈倍|可我理左之|奈頭佐...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4141番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4141番について歌番号4141番原文春儲而|悲尓|三更而|羽振鳴志藝|誰田尓加須牟訓読春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住むかな読みはるまけて|ものがなし...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4157番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4157番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4157番について歌番号4157番原文紅|衣尓保波之|辟田河|絶己等奈久|吾等眷牟訓読紅の衣にほはし辟田川絶ゆることなく我れかへり見むかな読みくれなゐの|ころもにほはし|さき...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4142番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4142番について歌番号4142番原文春日尓|張流柳乎|取持而|見者京之|大路所訓読春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆかな読みはるのひに|はれるやなぎを|とり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4158番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4158番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4158番について歌番号4158番原文毎年尓|鮎之走婆|左伎多河|鵜八頭可頭氣氐|河瀬多頭祢牟訓読年のはに鮎し走らば辟田川鵜八つ潜けて川瀬尋ねむかな読みとしのはに|あゆしはし...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4143番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4143番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4143番について歌番号4143番原文物部|八D嬬等之|挹乱|寺井之於乃|堅香子之花訓読もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花かな読みもののふの|やそをとめらが|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4159番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4159番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4159番について歌番号4159番原文礒上之|都萬麻乎見者|根乎延而|年深有之|神備尓家里訓読礒の上のつままを見れば根を延へて年深からし神さびにけりかな読みいそのうへの|つま...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4144番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4144番について歌番号4144番原文燕来|時尓成奴等|鴈之鳴者|本郷思都追|雲隠喧訓読燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴くかな読みつばめくる|ときになりぬと|かり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4160番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4160番について歌番号4160番原文天地之|遠始欲|俗中波|常無毛能等|語續|奈我良倍伎多礼|天原|振左氣見婆|照月毛|盈之家里|安之比奇能|山之木末毛|春去婆|花開尓保比...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4145番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4145番について歌番号4145番原文春設而|如此歸等母|秋風尓|黄葉山乎|不来有米也|訓読春まけてかく帰るとも秋風にもみたむ山を越え来ざらめや|かな読みはるまけて|かくかへ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4161番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4161番について歌番号4161番原文言等波奴|木尚春開|秋都氣婆|毛美知遅良久波|常乎奈美許曽|訓読言とはぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常をなみこそ|かな読みこととは...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4146番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4146番について歌番号4146番原文夜具多知尓|寐覺而居者|河瀬尋|情之尓|鳴知等理賀毛訓読夜ぐたちに寝覚めて居れば川瀬尋め心もしのに鳴く千鳥かもかな読みよぐたちに|ねざめ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4162番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4162番について歌番号4162番原文宇都世美能|常見者|世間尓|情都氣受弖|念日曽於保伎|訓読うつせみの常なき見れば世の中に心つけずて思ふ日ぞ多き|かな読みうつせみの|つね...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4147番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4147番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4147番について歌番号4147番原文夜降而|鳴河波知登里|宇倍之許曽|昔人母|之比来尓家礼訓読夜くたちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれかな読みよくたちて|なくかは...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4163番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4163番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4163番について歌番号4163番原文妹之袖|和礼枕可牟|河湍尓|霧多知和多礼|左欲布氣奴刀尓訓読妹が袖我れ枕かむ川の瀬に霧立ちわたれさ夜更けぬとにかな読みいもがそで|われま...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4148番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4148番について歌番号4148番原文椙野尓|左乎騰流雉|灼然|啼尓之毛将哭|己母利豆麻可母訓読杉の野にさ躍る雉いちしろく音にしも泣かむ隠り妻かもかな読みすぎののに|さをどる...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4164番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4164番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4164番について歌番号4164番原文知智乃實乃|父能美許等|波播蘇葉乃|母能美己等|於保呂可尓|情盡而|念良牟|其子奈礼夜母|大夫夜|奈之久可在|梓弓|須恵布理於許之|投矢...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4149番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4149番について歌番号4149番原文足引之|八峯之雉|鳴響|朝開之霞|見者可奈之母訓読あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しもかな読みあしひきの|やつをのきぎし|な...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4134番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4134番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4134番について歌番号4134番原文由吉宇倍尓|天礼流都久欲尓|烏梅能播奈|乎天於久良牟|波之伎故毛我母訓読雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむはしき子もがもかな読みゆき...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4135番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4135番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4135番について歌番号4135番原文和我勢故我|許登等流奈倍尓|都祢比登|伊布奈宜吉思毛|伊夜之伎麻須毛訓読我が背子が琴取るなへに常人の言ふ嘆きしもいやしき増すもかな読みわ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4136番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4136番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4136番について歌番号4136番原文安之比奇能|夜麻能許奴礼能|保与等天|可射之都良久波|知等世保久等曽訓読あしひきの山の木末のほよ取りてかざしつらくは千年寿くとぞかな読み...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4115番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4115番について歌番号4115番原文佐由利花|由利母相等|之多波布流|許己呂之奈久波|今日母倍米夜母訓読さ百合花ゆりも逢はむと下延ふる心しなくは今日も経めやもかな読みさゆり...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4137番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4137番について歌番号4137番原文牟都奇多都|波流能波自米尓|可久之都追|安比之恵美天婆|等枳自家米也母訓読正月立つ春の初めにかくしつつ相し笑みてば時じけめやもかな読みむ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4116番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4116番について歌番号4116番原文於保支見能|末支能末尓々々|等里毛知氐|都可布流久尓能|年内能|許登可多祢母知|多末保許能|美知尓伊天多知|伊波祢布美|也末古衣野由支|...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4138番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4138番について歌番号4138番原文夜夫奈美能|佐刀尓夜度可里|波流佐米尓|許母理都追牟等|伊母尓都宜都夜訓読薮波の里に宿借り春雨に隠りつつむと妹に告げつやかな読みやぶなみ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4117番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4117番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4117番について歌番号4117番原文許序能秋|安比見之末尓末|今日見波|於毛夜目都良之|美夜古可多比等訓読去年の秋相見しまにま今日見れば面やめづらし都方人かな読みこぞのあき...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4139番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4139番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4139番について歌番号4139番原文春苑|紅尓保布|桃花|下道尓|出立D嬬訓読春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子かな読みはるのその|くれなゐにほふ|もものはな|した...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4118番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4118番について歌番号4118番原文可久之天母|安比見流毛乎|須久奈久母|年月經礼波|古非之家礼夜母訓読かくしても相見るものを少なくも年月経れば恋ひしけれやもかな読みかくし...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4119番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4119番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4119番について歌番号4119番原文伊尓之敝欲|之比尓家礼婆|保等登藝須|奈久許恵伎吉弖|古非之吉物乎訓読いにしへよ偲ひにければ霍公鳥鳴く声聞きて恋しきものをかな読みいにし...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4120番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4120番について歌番号4120番原文見麻久保里|於毛比之奈倍尓|賀都良賀氣|香具波之君乎|安比見都流賀母訓読見まく欲り思ひしなへにかづらかけかぐはし君を相見つるかもかな読み...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4121番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4121番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4121番について歌番号4121番原文朝参乃|伎美我須我多乎|美受比左尓|比奈尓之須米婆|安礼故非尓家里|訓読朝参の君が姿を見ず久に鄙にし住めば我れ恋ひにけり|かな読みてうさ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4122番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4122番について歌番号4122番原文須賣呂伎能|之伎麻須久尓能|安米能之多|四方能美知尓波|宇麻乃都米|伊都久須伎波美|布奈乃倍能|伊波都流麻泥尓|伊尓之敝欲|伊麻乃乎都頭...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4123番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4123番について歌番号4123番原文許能美由流|久毛保妣許里弖|等能具毛理|安米毛布良奴可|呂太良比尓訓読この見ゆる雲ほびこりてとの曇り雨も降らぬか心足らひにかな読みこのみ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4124番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4124番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4124番について歌番号4124番原文和我保里之|安米波布里伎奴|可久之安良|許登安氣世受杼母|登思波佐可延牟訓読我が欲りし雨は降り来ぬかくしあらば言挙げせずとも年は栄えむか...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4125番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4125番について歌番号4125番原文安麻泥良須|可未能御代欲里|夜洲能河波|奈加尓敝太弖々|牟可比太知|蘇泥布利可波之|伊吉能乎尓|奈氣加須古良|和多里母理|布祢毛麻宇氣受...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4126番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4126番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4126番について歌番号4126番原文安麻能我波|々志和多世良波|曽能倍由母|伊和多良佐牟乎|安吉尓安良受得物訓読天の川橋渡せらばその上ゆもい渡らさむを秋にあらずともかな読み...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4127番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4127番について歌番号4127番原文夜須能河波|許牟可比太知弖|等之古非|氣奈我伎古良河|都麻度比能欲曽訓読安の川こ向ひ立ちて年の恋日長き子らが妻どひの夜ぞかな読みやすのか...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4096番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4096番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4096番について歌番号4096番原文大伴|等保追可牟於夜能|於久都奇波|之流久之米多弖|比等能之流倍久訓読大伴の遠つ神祖の奥城はしるく標立て人の知るべくかな読みおほともの|...
タイトルとURLをコピーしました