万葉集4149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4149番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4149番について

歌番号

4149番

原文

足引之|八峯之雉|鳴響|朝開之霞|見者可奈之母

訓読

あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しも

かな読み

あしひきの|やつをのきぎし|なきとよむ|あさけのかすみ|みればかなしも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤツヲノキギシ|ナキトヨム|アサケノカスミ|ミレバカナシモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YATSUONOKIGISHI|NAKITOYOMU|ASAKENOKASUMI|MIREBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yatsuonokigishi|nakitoyomu|asakenokasumi|mirebakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|動物|叙景|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やつをのきぎし,[寛]やつをのききす,
なきとよむ[寛],
あさけのかすみ[寛],
みればかなしも,[寛]みれはかなしも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました