万葉集4171番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4171番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4171番について

歌番号

4171番

原文

常人毛|起都追聞曽|霍公鳥|此暁尓|来喧始音

訓読

常人も起きつつ聞くぞ霍公鳥この暁に来鳴く初声

かな読み

つねひとも|おきつつきくぞ|ほととぎす|このあかときに|きなくはつこゑ

カタカナ読み

ツネヒトモ|オキツツキクゾ|ホトトギス|コノアカトキニ|キナクハツコヱ

ローマ字読み|大文字

TSUNEHITOMO|OKITSUTSUKIKUZO|HOTOTOGISU|KONOAKATOKINI|KINAKUHATSUKOE

ローマ字読み|小文字

tsunehitomo|okitsutsukikuzo|hototogisu|konoakatokini|kinakuhatsukoe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月23日年紀|動物|季節|高岡|富山|立夏

校異

特に無し

寛永版本

つねひとも[寛],
おきつつきくぞ,[寛]おきつつきくそ,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
このあかときに,[寛]このあかつきに,
きなくはつこゑ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました