万葉集4173番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4173番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4173番について

歌番号

4173番

原文

妹乎不見|越國敝尓|經年婆|吾情度乃|奈具流日毛無

訓読

妹を見ず越の国辺に年経れば我が心どのなぐる日もなし

かな読み

いもをみず|こしのくにへに|としふれば|あがこころどの|なぐるひもなし

カタカナ読み

イモヲミズ|コシノクニヘニ|トシフレバ|アガココロドノ|ナグルヒモナシ

ローマ字読み|大文字

IMOMIZU|KOSHINOKUNIHENI|TOSHIFUREBA|AGAKOKORODONO|NAGURUHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

imomizu|koshinokuniheni|toshifureba|agakokorodono|naguruhimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月年紀|悲嘆|別離|贈答|丹比氏|代作|坂上大嬢|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

いもをみず,[寛]いもをみす,
こしのくにへに[寛],
としふれば,[寛]としふれは,
あがこころどの,[寛]わかこころとの,
なぐるひもなし,[寛]なくるひもなし,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました