万葉集4120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4120番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4120番について

歌番号

4120番

原文

見麻久保里|於毛比之奈倍尓|賀都良賀氣|香具波之君乎|安比見都流賀母

訓読

見まく欲り思ひしなへにかづらかけかぐはし君を相見つるかも

かな読み

みまくほり|おもひしなへに|かづらかげ|かぐはしきみを|あひみつるかも

カタカナ読み

ミマクホリ|オモヒシナヘニ|カヅラカゲ|カグハシキミヲ|アヒミツルカモ

ローマ字読み|大文字

MIMAKUHORI|OMOHISHINAHENI|KAZURAKAGE|KAGUHASHIKIMIO|AHIMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mimakuhori|omohishinaheni|kazurakage|kaguhashikimio|ahimitsurukamo

左注|左註

同閏五月廿八日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年閏5月28日年紀|儲作|宴席|恋情|帰任|空想|高岡|富山

校異

乃->及【西(訂正)】【元】【類】【古】

寛永版本

みまくほり[寛],
おもひしなへに[寛],
かづらかげ,[寛]かつらかけ,
かぐはしきみを,[寛]かくはしきみを,
あひみつるかも[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました