万葉集4158番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4158番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4158番について

歌番号

4158番

原文

毎年尓|鮎之走婆|左伎多河|鵜八頭可頭氣氐|河瀬多頭祢牟

訓読

年のはに鮎し走らば辟田川鵜八つ潜けて川瀬尋ねむ

かな読み

としのはに|あゆしはしらば|さきたかは|うやつかづけて|かはせたづねむ

カタカナ読み

トシノハニ|アユシハシラバ|サキタカハ|ウヤツカヅケテ|カハセタヅネム

ローマ字読み|大文字

TOSHINOHANI|AYUSHIHASHIRABA|SAKITAKAHA|UYATSUKAZUKETE|KAHASETAZUNEMU

ローマ字読み|小文字

toshinohani|ayushihashiraba|sakitakaha|uyatsukazukete|kahasetazunemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月8日年紀|鵜飼媿|地名|能登|富山|鵜飼媿

校異

歌【西】【細】謌

寛永版本

としのはに[寛],
あゆしはしらば,[寛]あゆしはしれは,
さきたかは[寛],
うやつかづけて,[寛]うやつかつきて,
かはせたづねむ,[寛]かはせたつねむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました