万葉集4150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4150番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4150番について

歌番号

4150番

原文

朝床尓|聞者遥之|射水河|朝己藝思都追|唱船人

訓読

朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人

かな読み

あさとこに|きけばはるけし|いみづかは|あさこぎしつつ|うたふふなびと

カタカナ読み

アサトコニ|キケバハルケシ|イミヅカハ|アサコギシツツ|ウタフフナビト

ローマ字読み|大文字

ASATOKONI|KIKEBAHARUKESHI|IMIZUKAHA|ASAKOGISHITSUTSU|UTAFUFUNABITO

ローマ字読み|小文字

asatokoni|kikebaharukeshi|imizukaha|asakogishitsutsu|utafufunabito

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|叙景|地名|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

あさとこに[寛],
きけばはるけし,[寛]きけははるけし,
いみづかは,[寛]いみつかは,
あさこぎしつつ,[寛]あさこきしつつ,
うたふふなびと,[寛]うたふふなひと,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました