万葉集4161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4161番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4161番について

歌番号

4161番

原文

言等波奴|木尚春開|秋都氣婆|毛美知遅良久波|常乎奈美許曽|[一云|常<无>牟等曽]

訓読

言とはぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常をなみこそ|[一云|常なけむとぞ]

かな読み

こととはぬ|きすらはるさき|あきづけば|もみちぢらくは|つねをなみこそ|[つねなけむとぞ]

カタカナ読み

コトトハヌ|キスラハルサキ|アキヅケバ|モミチヂラクハ|ツネヲナミコソ|[ツネナケムトゾ]

ローマ字読み|大文字

KOTOTOHANU|KISURAHARUSAKI|AKIZUKEBA|MOMICHIJIRAKUHA|TSUNEONAMIKOSO|[TSUNENAKEMUTOZO]

ローマ字読み|小文字

kototohanu|kisuraharusaki|akizukeba|momichijirakuha|tsuneonamikoso|[tsunenakemutozo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月年紀|植物|無常|憶良|富山|高岡|推敲

校異

無->无【元】【類】

寛永版本

こととはぬ[寛],
きすらはるさき[寛],
あきづけば,[寛]あきつけは,
もみちぢらくは,[寛]もみちちらくは,
つねをなみこそ[寛],
[つねなけむとぞ],[寛]つねなけむとそ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました