万葉集4145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4145番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4145番について

歌番号

4145番

原文

春設而|如此歸等母|秋風尓|黄葉山乎|不<超>来有米也|[一云|春去者|歸此鴈]

訓読

春まけてかく帰るとも秋風にもみたむ山を越え来ざらめや|[一云|春されば帰るこの雁]

かな読み

はるまけて|かくかへるとも|あきかぜに|もみたむやまを|こえこざらめや|[はるされば|かへるこのかり]

カタカナ読み

ハルマケテ|カクカヘルトモ|アキカゼニ|モミタムヤマヲ|コエコザラメヤ|[ハルサレバ|カヘルコノカリ]

ローマ字読み|大文字

HARUMAKETE|KAKUKAHERUTOMO|AKIKAZENI|MOMITAMUYAMAO|KOEKOZARAMEYA|[HARUSAREBA|KAHERUKONOKARI]

ローマ字読み|小文字

harumakete|kakukaherutomo|akikazeni|momitamuyamao|koekozarameya|[harusareba|kaherukonokari]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|推敲|帰雁|高岡|富山

校異

越->超【元】【類】【文】【紀】

寛永版本

はるまけて[寛],
かくかへるとも[寛],
あきかぜに,[寛]あきかせに,
もみたむやまを,[寛]もみちのやまを,
こえこざらめや,[寛]こえこさらめや,
[はるされば,[寛]はるされは,
かへるこのかり][寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました