万葉集4118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4118番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4118番について

歌番号

4118番

原文

可久之天母|安比見流毛<乃>乎|須久奈久母|年月經礼波|古非之家礼夜母

訓読

かくしても相見るものを少なくも年月経れば恋ひしけれやも

かな読み

かくしても|あひみるものを|すくなくも|としつきふれば|こひしけれやも

カタカナ読み

カクシテモ|アヒミルモノヲ|スクナクモ|トシツキフレバ|コヒシケレヤモ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITEMO|AHIMIRUMONO|SUKUNAKUMO|TOSHITSUKIFUREBA|KOHISHIKEREYAMO

ローマ字読み|小文字

kakushitemo|ahimirumono|sukunakumo|toshitsukifureba|kohishikereyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年閏5月27日年紀|宴席|歓迎|帰任|久米広縄高岡|富山|恋情

校異

能->乃【元】【類】【藍】

寛永版本

かくしても[寛],
あひみるものを[寛],
すくなくも[寛],
としつきふれば,[寛]としつきふれは,
こひしけれやも[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました