万葉集4141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4141番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4141番について

歌番号

4141番

原文

春儲而|<物>悲尓|三更而|羽振鳴志藝|誰田尓加須牟

訓読

春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住む

かな読み

はるまけて|ものがなしきに|さよふけて|はぶきなくしぎ|たがたにかすむ

カタカナ読み

ハルマケテ|モノガナシキニ|サヨフケテ|ハブキナクシギ|タガタニカスム

ローマ字読み|大文字

HARUMAKETE|MONOGANASHIKINI|SAYOFUKETE|HABUKINAKUSHIGI|TAGATANIKASUMU

ローマ字読み|小文字

harumakete|monoganashikini|sayofukete|habukinakushigi|tagatanikasumu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月1日年紀|動物|望郷|高岡|富山

校異

->物【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

はるまけて[寛],
ものがなしきに,[寛]ものかなしきに,
さよふけて[寛],
はぶきなくしぎ,[寛]はふりなくしき,
たがたにかすむ,[寛]たかたにかすむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました