万葉集4117番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4117番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4117番について

歌番号

4117番

原文

許序能秋|安比見之末尓末|今日見波|於毛夜目都良之|美夜古可多比等

訓読

去年の秋相見しまにま今日見れば面やめづらし都方人

かな読み

こぞのあき|あひみしまにま|けふみれば|おもやめづらし|みやこかたひと

カタカナ読み

コゾノアキ|アヒミシマニマ|ケフミレバ|オモヤメヅラシ|ミヤコカタヒト

ローマ字読み|大文字

KOZONOAKI|AHIMISHIMANIMA|KEFUMIREBA|OMOYAMEZURASHI|MIYAKOKATAHITO

ローマ字読み|小文字

kozonoaki|ahimishimanima|kefumireba|omoyamezurashi|miyakokatahito

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年閏5月27日年紀|宴席|歓迎|帰任|久米広縄|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

こぞのあき,[寛]こそのあき,
あひみしまにま,[寛]あひみしままに,
けふみれば,[寛]けふみれは,
おもやめづらし,[寛]おもやめつらし,
みやこかたひと[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました