万葉集4162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4162番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4162番について

歌番号

4162番

原文

宇都世美能|常<无>見者|世間尓|情都氣受弖|念日曽於保伎|[一云|嘆日曽於保吉]

訓読

うつせみの常なき見れば世の中に心つけずて思ふ日ぞ多き|[一云|嘆く日ぞ多き]

かな読み

うつせみの|つねなきみれば|よのなかに|こころつけずて|おもふひぞおほき|[なげくひぞおほき]

カタカナ読み

ウツセミノ|ツネナキミレバ|ヨノナカニ|ココロツケズテ|オモフヒゾオホキ|[ナゲクヒゾオホキ]

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|TSUNENAKIMIREBA|YONONAKANI|KOKOROTSUKEZUTE|OMOFUHIZOHOKI|[NAGEKUHIZOHOKI]

ローマ字読み|小文字

utsusemino|tsunenakimireba|yononakani|kokorotsukezute|omofuhizohoki|[nagekuhizohoki]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月年紀|無常|推敲|悲嘆|憶良|富山|高岡

校異

無->无【元】【類】

寛永版本

うつせみの[寛],
つねなきみれば,[寛]つねなきみれは,
よのなかに[寛],
こころつけずて,[寛]こころつきすて,
おもふひぞおほき,[寛]おもふひそおほき,
[なげくひぞおほき],[寛]なけくひそおほき,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました