万葉集4159番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4159番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4159番について

歌番号

4159番

原文

礒上之|都萬麻乎見者|根乎延而|年深有之|神<左>備尓家里

訓読

礒の上のつままを見れば根を延へて年深からし神さびにけり

かな読み

いそのうへの|つままをみれば|ねをはへて|としふかからし|かむさびにけり

カタカナ読み

イソノウヘノ|ツママヲミレバ|ネヲハヘテ|トシフカカラシ|カムサビニケリ

ローマ字読み|大文字

ISONOHENO|TSUMAMAOMIREBA|NEOHAHETE|TOSHIFUKAKARASHI|KAMUSABINIKERI

ローマ字読み|小文字

isonoheno|tsumamaomireba|neohahete|toshifukakarashi|kamusabinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月9日年紀|植物|土地讃美|氷見|富山|寿歌|出挙|部内巡行

校異

佐->左【元】【類】【古】

寛永版本

いそのうへの[寛],
つままをみれば,[寛]つままをみれは,
ねをはへて[寛],
としふかからし[寛],
かむさびにけり,[寛]かみさひにけり,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました