万葉集4138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4138番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4138番について

歌番号

4138番

原文

夜夫奈美能|佐刀尓夜度可里|波流佐米尓|許母理都追牟等|伊母尓都宜都夜

訓読

薮波の里に宿借り春雨に隠りつつむと妹に告げつや

かな読み

やぶなみの|さとにやどかり|はるさめに|こもりつつむと|いもにつげつや

カタカナ読み

ヤブナミノ|サトニヤドカリ|ハルサメニ|コモリツツムト|イモニツゲツヤ

ローマ字読み|大文字

YABUNAMINO|SATONIYADOKARI|HARUSAMENI|KOMORITSUTSUMUTO|IMONITSUGETSUYA

ローマ字読み|小文字

yabunamino|satoniyadokari|harusameni|komoritsutsumuto|imonitsugetsuya

左注|左註

二月十八日守大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年2月18日年紀|地名|砺波|富山|宴席|多治比部北里

校異

特に無し

寛永版本

やぶなみの,[寛]やふなみの,
さとにやどかり,[寛]さとにやとかり,
はるさめに[寛],
こもりつつむと[寛],
いもにつげつや,[寛]いもにつけつや,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました