万葉集4123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4123番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4123番について

歌番号

4123番

原文

許能美由流|久毛保妣許里弖|等能具毛理|安米毛布良奴可|<己許>呂太良比尓

訓読

この見ゆる雲ほびこりてとの曇り雨も降らぬか心足らひに

かな読み

このみゆる|くもほびこりて|とのくもり|あめもふらぬか|こころだらひに

カタカナ読み

コノミユル|クモホビコリテ|トノクモリ|アメモフラヌカ|ココロダラヒニ

ローマ字読み|大文字

KONOMIYURU|KUMOHOBIKORITE|TONOKUMORI|AMEMOFURANUKA|KOKORODARAHINI

ローマ字読み|小文字

konomiyuru|kumohobikorite|tonokumori|amemofuranuka|kokorodarahini

左注|左註

右二首六月一日晩頭守大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年6月1日年紀|雨乞媿|寿歌|高岡|富山

校異

許己->己許【元】【類】

寛永版本

このみゆる[寛],
くもほびこりて,[寛]くもほひこりて,
とのくもり[寛],
あめもふらぬか[寛],
こころだらひに,[寛]こころたらひに,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました