万葉集4155番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4155番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4155番について

歌番号

4155番

原文

矢形尾乃|麻之路能鷹乎|屋戸尓須恵|可伎奈泥見都追|飼久之余志毛

訓読

矢形尾の真白の鷹を宿に据ゑ掻き撫で見つつ飼はくしよしも

かな読み

やかたをの|ましろのたかを|やどにすゑ|かきなでみつつ|かはくしよしも

カタカナ読み

ヤカタヲノ|マシロノタカヲ|ヤドニスヱ|カキナデミツツ|カハクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

YAKATAONO|MASHIRONOTAKAO|YADONISUE|KAKINADEMITSUTSU|KAHAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

yakataono|mashironotakao|yadonisue|kakinademitsutsu|kahakushiyoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月8日年紀|動物|富山|高岡

校異

特に無し

寛永版本

やかたをの[寛],
ましろのたかを[寛],
やどにすゑ,[寛]やとにすゑ,
かきなでみつつ,[寛]かきなてみつつ,
かはくしよしも[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました