万葉集4127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4127番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4127番について

歌番号

4127番

原文

夜須能河波|許牟可比太知弖|等之<乃>古非|氣奈我伎古良河|都麻度比能欲曽

訓読

安の川こ向ひ立ちて年の恋日長き子らが妻どひの夜ぞ

かな読み

やすのかは|こむかひたちて|としのこひ|けながきこらが|つまどひのよぞ

カタカナ読み

ヤスノカハ|コムカヒタチテ|トシノコヒ|ケナガキコラガ|ツマドヒノヨゾ

ローマ字読み|大文字

YASUNOKAHA|KOMUKAHITACHITE|TOSHINOKOHI|KENAGAKIKORAGA|TSUMADOHINOYOZO

ローマ字読み|小文字

yasunokaha|komukahitachite|toshinokohi|kenagakikoraga|tsumadohinoyozo

左注|左註

右七月七日仰見天漢大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年7月7日年紀|七夕|寿歌|高岡|富山

校異

許【万葉集古義】(塙)伊|能->乃【元】【類】

寛永版本

やすのかは[寛],
こむかひたちて[寛],
としのこひ[寛],
けながきこらが,[寛]けなかきこらか,
つまどひのよぞ,[寛]つまとひのよそ,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました