万葉集4147番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4147番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4147番について

歌番号

4147番

原文

夜降而|鳴河波知登里|宇倍之許曽|昔人母|之<努>比来尓家礼

訓読

夜くたちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれ

かな読み

よくたちて|なくかはちどり|うべしこそ|むかしのひとも|しのひきにけれ

カタカナ読み

ヨクタチテ|ナクカハチドリ|ウベシコソ|ムカシノヒトモ|シノヒキニケレ

ローマ字読み|大文字

YOKUTACHITE|NAKUKAHACHIDORI|UBESHIKOSO|MUKASHINOHITOMO|SHINOHIKINIKERE

ローマ字読み|小文字

yokutachite|nakukahachidori|ubeshikoso|mukashinohitomo|shinohikinikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|動物|懐古|高岡|富山

校異

奴->努【元】

寛永版本

よくたちて[寛],
なくかはちどり,[寛]なくかはちとり,
うべしこそ,[寛]うへしこそ,
むかしのひとも[寛],
しのひきにけれ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました