万葉集4151番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4151番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4151番について

歌番号

4151番

原文

今日之為等|思標之|足引乃|峯上之櫻|如此開尓家里

訓読

今日のためと思ひて標しあしひきの峰の上の桜かく咲きにけり

かな読み

けふのためと|おもひてしめし|あしひきの|をのへのさくら|かくさきにけり

カタカナ読み

ケフノタメト|オモヒテシメシ|アシヒキノ|ヲノヘノサクラ|カクサキニケリ

ローマ字読み|大文字

KEFUNOTAMETO|OMOHITESHIMESHI|ASHIHIKINO|ONOHENOSAKURA|KAKUSAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

kefunotameto|omohiteshimeshi|ashihikino|onohenosakura|kakusakinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月3日年紀|枕詞|植物|宴席|高岡|富山|上巳

校異

思標【元】【類】標

寛永版本

けふのためと[寛],
おもひてしめし[寛],
あしひきの[寛],
をのへのさくら[寛],
かくさきにけり[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました