万葉集4152番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4152番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4152番について

歌番号

4152番

原文

奥山之|八峯乃海石榴|都婆良可尓|今日者久良佐祢|大夫之徒

訓読

奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴

かな読み

おくやまの|やつをのつばき|つばらかに|けふはくらさね|ますらをのとも

カタカナ読み

オクヤマノ|ヤツヲノツバキ|ツバラカニ|ケフハクラサネ|マスラヲノトモ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|YATSUONOTSUBAKI|TSUBARAKANI|KEFUHAKURASANE|MASURAONOTOMO

ローマ字読み|小文字

okuyamano|yatsuonotsubaki|tsubarakani|kefuhakurasane|masuraonotomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月3日年紀|植物|宴席|上巳|序詞|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

おくやまの[寛],
やつをのつばき,[寛]やつをのつはき,
つばらかに,[寛]つはらかに,
けふはくらさね[寛],
ますらをのとも[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました