万葉集4135番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4135番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4135番について

歌番号

4135番

原文

和我勢故我|許登等流奈倍尓|都祢比登<乃>|伊布奈宜吉思毛|伊夜之伎麻須毛

訓読

我が背子が琴取るなへに常人の言ふ嘆きしもいやしき増すも

かな読み

わがせこが|こととるなへに|つねひとの|いふなげきしも|いやしきますも

カタカナ読み

ワガセコガ|コトトルナヘニ|ツネヒトノ|イフナゲキシモ|イヤシキマスモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KOTOTORUNAHENI|TSUNEHITONO|IFUNAGEKISHIMO|IYASHIKIMASUMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kototorunaheni|tsunehitono|ifunagekishimo|iyashikimasumo

左注|左註

右一首少目秦伊美吉石竹舘宴守大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

恋愛|宴席|秦石竹

校異

能->乃【元】【類】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
こととるなへに[寛],
つねひとの[寛],
いふなげきしも,[寛]いふなけきしも,
いやしきますも[寛],

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました