万葉集4142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4142番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4142番について

歌番号

4142番

原文

春日尓|張流柳乎|取持而|見者京之|大路所<念>

訓読

春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆ

かな読み

はるのひに|はれるやなぎを|とりもちて|みればみやこの|おほちしおもほゆ

カタカナ読み

ハルノヒニ|ハレルヤナギヲ|トリモチテ|ミレバミヤコノ|オホチシオモホユ

ローマ字読み|大文字

HARUNOHINI|HARERUYANAGIO|TORIMOCHITE|MIREBAMIYAKONO|OHOCHISHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

harunohini|hareruyanagio|torimochite|mirebamiyakono|ohochishiomohoyu

左注|左註

思|特に無し>|念|[元][類]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|望郷|植物|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

はるのひに[寛],
はれるやなぎを,[寛]はれるやなきを,
とりもちて[寛],
みればみやこの,[寛]みれはみやこの,
おほちしおもほゆ,[寛]おほちおもほゆ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました