万葉集4170番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4170番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4170番について

歌番号

4170番

原文

白玉之|見我保之君乎|不見久尓|夷尓之乎礼婆|伊家流等毛奈之

訓読

白玉の見が欲し君を見ず久に鄙にし居れば生けるともなし

かな読み

しらたまの|みがほしきみを|みずひさに|ひなにしをれば|いけるともなし

カタカナ読み

シラタマノ|ミガホシキミヲ|ミズヒサニ|ヒナニシヲレバ|イケルトモナシ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMANO|MIGAHOSHIKIMIO|MIZUHISANI|HINANISHIOREBA|IKERUTOMONASHI

ローマ字読み|小文字

shiratamano|migahoshikimio|mizuhisani|hinanishioreba|ikerutomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月年紀|贈答|代作|坂上郎女|坂上大嬢|恋情|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

しらたまの,[寛]しらたまの,
みがほしきみを,[寛]みかほしきみを,
みずひさに,[寛]みすひさに,
ひなにしをれば,[寛]ひなにしをれは,
いけるともなし[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました