万葉集4137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4137番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4137番について

歌番号

4137番

原文

牟都奇多都|波流能波自米尓|可久之都追|安比之恵美天婆|等枳自家米也母

訓読

正月立つ春の初めにかくしつつ相し笑みてば時じけめやも

かな読み

むつきたつ|はるのはじめに|かくしつつ|あひしゑみてば|ときじけめやも

カタカナ読み

ムツキタツ|ハルノハジメニ|カクシツツ|アヒシヱミテバ|トキジケメヤモ

ローマ字読み|大文字

MUTSUKITATSU|HARUNOHAJIMENI|KAKUSHITSUTSU|AHISHIEMITEBA|TOKIJIKEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

mutsukitatsu|harunohajimeni|kakushitsutsu|ahishiemiteba|tokijikemeyamo

左注|左註

同月五日守大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年1月5日年紀|宴席|久米広縄|賀歌|寿歌|富山|高岡

校異

刺->判【元】【類】

寛永版本

むつきたつ[寛],
はるのはじめに,[寛]はるのはしめに,
かくしつつ[寛],
あひしゑみてば,[寛]あひしえみては,
ときじけめやも,[寛]ときしけめやも,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました