万葉集4144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4144番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4144番について

歌番号

4144番

原文

燕来|時尓成奴等|鴈之鳴者|本郷思都追|雲隠喧

訓読

燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴く

かな読み

つばめくる|ときになりぬと|かりがねは|くにしのひつつ|くもがくりなく

カタカナ読み

ツバメクル|トキニナリヌト|カリガネハ|クニシノヒツツ|クモガクリナク

ローマ字読み|大文字

TSUBAMEKURU|TOKININARINUTO|KARIGANEHA|KUNISHINOHITSUTSU|KUMOGAKURINAKU

ローマ字読み|小文字

tsubamekuru|tokininarinuto|kariganeha|kunishinohitsutsu|kumogakurinaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年3月2日年紀|動物|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

つばめくる,[寛]つはめくる,
ときになりぬと[寛],
かりがねは,[寛]かりかねは,
くにしのひつつ,[寛]ふるさとおもひつつ,
くもがくりなく,[寛]くもかくれなく,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました