万葉集4121番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4121番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4121番について

歌番号

4121番

原文

朝参乃|伎美我須我多乎|美受比左尓|比奈尓之須米婆|安礼故非尓家里|[<一>云|波之吉与思|伊毛我須我多乎]

訓読

朝参の君が姿を見ず久に鄙にし住めば我れ恋ひにけり|[一云|はしきよし妹が姿を]

かな読み

てうさむの|きみがすがたを|みずひさに|ひなにしすめば|あれこひにけり|[はしきよし|いもがすがたを]

カタカナ読み

テウサムノ|キミガスガタヲ|ミズヒサニ|ヒナニシスメバ|アレコヒニケリ|[ハシキヨシ|イモガスガタヲ]

ローマ字読み|大文字

TEUSAMUNO|KIMIGASUGATAO|MIZUHISANI|HINANISHISUMEBA|AREKOHINIKERI|[HASHIKIYOSHI|IMOGASUGATAO]

ローマ字読み|小文字

teusamuno|kimigasugatao|mizuhisani|hinanishisumeba|arekohinikeri|[hashikiyoshi|imogasugatao]

左注|左註

同閏五月廿八日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平感宝1年閏5月28日年紀|高岡|富山|恋情|儲作|宴席|帰任

校異

一頭->一【元】【類】

寛永版本

てうさむの,[寛]まゐいりの,
きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,
みずひさに,[寛]みすひさに,
ひなにしすめば,[寛]ひなにしすめは,
あれこひにけり[寛],
[はしきよし,
いもがすがたを]

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました