万葉集4397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4397番について

歌番号

4397番

原文

見和多世波|牟加都乎能倍乃|波奈尓保比|弖里氐多弖流<波>|波之伎多我都麻

訓読

見わたせば向つ峰の上の花にほひ照りて立てるは愛しき誰が妻

かな読み

みわたせば|むかつをのへの|はなにほひ|てりてたてるは|はしきたがつま

カタカナ読み

ミワタセバ|ムカツヲノヘノ|ハナニホヒ|テリテタテルハ|ハシキタガツマ

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|MUKATSUONOHENO|HANANIHOHI|TERITETATERUHA|HASHIKITAGATSUMA

ローマ字読み|小文字

miwataseba|mukatsuonoheno|hananihohi|teritetateruha|hashikitagatsuma

左注|左註

右三首二月十七日兵部少輔大伴家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月17日年紀|独詠|望郷|難波|大阪

校異

婆->波【元】【類】

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
むかつをのへの[寛],
はなにほひ[寛],
てりてたてるは[寛],
はしきたがつま,[寛]はしきたかつま,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました