万葉集4408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4408番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4408番について

歌番号

4408番

原文

大王乃|麻氣乃麻尓々々|嶋守尓|和我多知久礼婆|波々蘇婆能|波々能美許等波|美母乃須蘇|都美安氣可伎奈埿|知々能未乃|知々能美許等波|多久頭<努>能|之良比氣乃宇倍由|奈美太多利|奈氣伎乃多婆久|可胡自母乃|多太比等里之氐|安佐刀埿乃|可奈之伎吾子|安良多麻乃|等之能乎奈我久|安比美受波|古非之久安流倍之|今日太<尓>母|許等騰比勢武等|乎之美都々|可奈之備麻勢婆|若草之|都麻母古騰母毛|乎知己知尓|左波尓可久美為|春鳥乃|己恵乃佐麻欲比|之路多倍乃|蘇埿奈伎奴良之|多豆佐波里|和可礼加弖尓等|比伎等騰米|之多比之毛能乎|天皇乃|美許等可之古美|多麻保己乃|美知尓出立|乎可<乃>佐伎|伊多牟流其等尓|与呂頭多妣|可弊里見之都追|波呂々々尓|和可礼之久礼婆|於毛布蘇良|夜須久母安良受|古布流蘇良|久流之伎毛乃乎|宇都世美乃|与能比等奈礼婆|多麻伎波流|伊能知母之良受|海原乃|可之古伎美知乎|之麻豆多比|伊己藝和多利弖|安里米具利|和我久流麻埿尓|多比良氣久|於夜波伊麻佐祢|都々美奈久|都麻波麻多世等|須美乃延能|安我須賣可未尓|奴佐麻都利|伊能里麻乎之弖|奈尓波都尓|船乎宇氣須恵|夜蘇加奴伎|可古<等登>能倍弖|安佐婢良伎|和波己藝埿奴等|伊弊尓都氣己曽

訓読

大君の|任けのまにまに|島守に|我が立ち来れば|ははそ葉の|母の命は|み裳の裾|摘み上げ掻き撫で|ちちの実の|父の命は|栲づのの|白髭の上ゆ|涙垂り|嘆きのたばく|鹿子じもの|ただ独りして|朝戸出の|愛しき我が子|あらたまの|年の緒長く|相見ずは|恋しくあるべし|今日だにも|言問ひせむと|惜しみつつ|悲しびませば|若草の|妻も子どもも|をちこちに|さはに囲み居|春鳥の|声のさまよひ|白栲の|袖泣き濡らし|たづさはり|別れかてにと|引き留め|慕ひしものを|大君の|命畏み|玉桙の|道に出で立ち|岡の崎|い廻むるごとに|万たび|かへり見しつつ|はろはろに|別れし来れば|思ふそら|安くもあらず|恋ふるそら|苦しきものを|うつせみの|世の人なれば|たまきはる|命も知らず|海原の|畏き道を|島伝ひ|い漕ぎ渡りて|あり廻り|我が来るまでに|平けく|親はいまさね|つつみなく|妻は待たせと|住吉の|我が統め神に|幣奉り|祈り申して|難波津に|船を浮け据ゑ|八十楫貫き|水手ととのへて|朝開き|我は漕ぎ出ぬと|家に告げこそ

かな読み

おほきみの|まけのまにまに|しまもりに|わがたちくれば|ははそばの|ははのみことは|みものすそ|つみあげかきなで|ちちのみの|ちちのみことは|たくづのの|しらひげのうへゆ|なみだたり|なげきのたばく|かこじもの|ただひとりして|あさとでの|かなしきあがこ|あらたまの|としのをながく|あひみずは|こひしくあるべし|けふだにも|ことどひせむと|をしみつつ|かなしびませば|わかくさの|つまもこどもも|をちこちに|さはにかくみゐ|はるとりの|こゑのさまよひ|しろたへの|そでなきぬらし|たづさはり|わかれかてにと|ひきとどめ|したひしものを|おほきみの|みことかしこみ|たまほこの|みちにいでたち|をかのさき|いたむるごとに|よろづたび|かへりみしつつ|はろはろに|わかれしくれば|おもふそら|やすくもあらず|こふるそら|くるしきものを|うつせみの|よのひとなれば|たまきはる|いのちもしらず|うなはらの|かしこきみちを|しまづたひ|いこぎわたりて|ありめぐり|わがくるまでに|たひらけく|おやはいまさね|つつみなく|つまはまたせと|すみのえの|あがすめかみに|ぬさまつり|いのりまをして|なにはつに|ふねをうけすゑ|やそかぬき|かこととのへて|あさびらき|わはこぎでぬと|いへにつげこそ

カタカナ読み

オホキミノ|マケノマニマニ|シマモリニ|ワガタチクレバ|ハハソバノ|ハハノミコトハ|ミモノスソ|ツミアゲカキナデ|チチノミノ|チチノミコトハ|タクヅノノ|シラヒゲノウヘユ|ナミダタリ|ナゲキノタバク|カコジモノ|タダヒトリシテ|アサトデノ|カナシキアガコ|アラタマノ|トシノヲナガク|アヒミズハ|コヒシクアルベシ|ケフダニモ|コトドヒセムト|ヲシミツツ|カナシビマセバ|ワカクサノ|ツマモコドモモ|ヲチコチニ|サハニカクミヰ|ハルトリノ|コヱノサマヨヒ|シロタヘノ|ソデナキヌラシ|タヅサハリ|ワカレカテニト|ヒキトドメ|シタヒシモノヲ|オホキミノ|ミコトカシコミ|タマホコノ|ミチニイデタチ|ヲカノサキ|イタムルゴトニ|ヨロヅタビ|カヘリミシツツ|ハロハロニ|ワカレシクレバ|オモフソラ|ヤスクモアラズ|コフルソラ|クルシキモノヲ|ウツセミノ|ヨノヒトナレバ|タマキハル|イノチモシラズ|ウナハラノ|カシコキミチヲ|シマヅタヒ|イコギワタリテ|アリメグリ|ワガクルマデニ|タヒラケク|オヤハイマサネ|ツツミナク|ツマハマタセト|スミノエノ|アガスメカミニ|ヌサマツリ|イノリマヲシテ|ナニハツニ|フネヲウケスヱ|ヤソカヌキ|カコトトノヘテ|アサビラキ|ワハコギデヌト|イヘニツゲコソ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MAKENOMANIMANI|SHIMAMORINI|WAGATACHIKUREBA|HAHASOBANO|HAHANOMIKOTOHA|MIMONOSUSO|TSUMIAGEKAKINADE|CHICHINOMINO|CHICHINOMIKOTOHA|TAKUZUNONO|SHIRAHIGENOHEYU|NAMIDATARI|NAGEKINOTABAKU|KAKOJIMONO|TADAHITORISHITE|ASATODENO|KANASHIKIAGAKO|ARATAMANO|TOSHINONAGAKU|AHIMIZUHA|KOHISHIKUARUBESHI|KEFUDANIMO|KOTODOHISEMUTO|OSHIMITSUTSU|KANASHIBIMASEBA|WAKAKUSANO|TSUMAMOKODOMOMO|OCHIKOCHINI|SAHANIKAKUMII|HARUTORINO|KOENOSAMAYOHI|SHIROTAHENO|SODENAKINURASHI|TAZUSAHARI|WAKAREKATENITO|HIKITODOME|SHITAHISHIMONO|OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|TAMAHOKONO|MICHINIIDETACHI|OKANOSAKI|ITAMURUGOTONI|YOROZUTABI|KAHERIMISHITSUTSU|HAROHARONI|WAKARESHIKUREBA|OMOFUSORA|YASUKUMOARAZU|KOFURUSORA|KURUSHIKIMONO|UTSUSEMINO|YONOHITONAREBA|TAMAKIHARU|INOCHIMOSHIRAZU|UNAHARANO|KASHIKOKIMICHIO|SHIMAZUTAHI|IKOGIWATARITE|ARIMEGURI|WAGAKURUMADENI|TAHIRAKEKU|OYAHAIMASANE|TSUTSUMINAKU|TSUMAHAMATASETO|SUMINOENO|AGASUMEKAMINI|NUSAMATSURI|INORIMAOSHITE|NANIHATSUNI|FUNEOKESUE|YASOKANUKI|KAKOTOTONOHETE|ASABIRAKI|WAHAKOGIDENUTO|IHENITSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|makenomanimani|shimamorini|wagatachikureba|hahasobano|hahanomikotoha|mimonosuso|tsumiagekakinade|chichinomino|chichinomikotoha|takuzunono|shirahigenoheyu|namidatari|nagekinotabaku|kakojimono|tadahitorishite|asatodeno|kanashikiagako|aratamano|toshinonagaku|ahimizuha|kohishikuarubeshi|kefudanimo|kotodohisemuto|oshimitsutsu|kanashibimaseba|wakakusano|tsumamokodomomo|ochikochini|sahanikakumii|harutorino|koenosamayohi|shirotaheno|sodenakinurashi|tazusahari|wakarekatenito|hikitodome|shitahishimono|ohokimino|mikotokashikomi|tamahokono|michiniidetachi|okanosaki|itamurugotoni|yorozutabi|kaherimishitsutsu|haroharoni|wakareshikureba|omofusora|yasukumoarazu|kofurusora|kurushikimono|utsusemino|yonohitonareba|tamakiharu|inochimoshirazu|unaharano|kashikokimichio|shimazutahi|ikogiwatarite|arimeguri|wagakurumadeni|tahirakeku|oyahaimasane|tsutsuminaku|tsumahamataseto|suminoeno|agasumekamini|nusamatsuri|inorimaoshite|nanihatsuni|funeokesue|yasokanuki|kakototonohete|asabiraki|wahakogidenuto|ihenitsugekoso

左注|左註

二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月23日年紀|防人歌|悲別|同情|望郷

校異

短歌【西】短謌|怒->努【元】【類】|仁->尓【類】|之->乃【元】【類】|登々->等登【元】

寛永版本

おほきみの[寛],
まけのまにまに[寛],
しまもりに,[寛]さきもりに,
わがたちくれば,[寛]わかたちくれは,
ははそばの,[寛]ははそはの,
ははのみことは[寛],
みものすそ[寛],
つみあげかきなで,[寛]つみあけかきなて,
ちちのみの[寛],
ちちのみことは[寛],
たくづのの,[寛]たくつのの,
しらひげのうへゆ,[寛]しらひけのうへゆ,
なみだたり,[寛]なみたたり,
なげきのたばく,[寛]なけきのたはく,
かこじもの,[寛]かこしもの,
ただひとりして,[寛]たたひとりして,
あさとでの,[寛]あさとての,
かなしきあがこ,[寛]かなしきわかこ,
あらたまの[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,
あひみずは,[寛]あひみすは,
こひしくあるべし,[寛]こひしくあるへし,
けふだにも,[寛]けふたにも,
ことどひせむと,[寛]こととひせむと,
をしみつつ[寛],
かなしびませば,[寛]かなしひいませ,
わかくさの[寛],
つまもこどもも,[寛]つまもこともも,
をちこちに[寛],
さはにかくみゐ[寛],
はるとりの,[寛]うくひすの,
こゑのさまよひ[寛],
しろたへの[寛],
そでなきぬらし,[寛]そてなきぬらし,
たづさはり,[寛]たつさはり,
わかれかてにと[寛],
ひきとどめ,[寛]ひきととめ,
したひしものを[寛],
おほきみの,[寛]すめろきの,
みことかしこみ[寛],
たまほこの[寛],
みちにいでたち,[寛]みちにいてたち,
をかのさき,[寛]をかしさき,
いたむるごとに,[寛]いたむることに,
よろづたび,[寛]よろつたひ,
かへりみしつつ[寛],
はろはろに[寛],
わかれしくれば,[寛]わかれしくれは,
おもふそら[寛],
やすくもあらず,[寛]やすくもあらす,
こふるそら[寛],
くるしきものを[寛],
うつせみの[寛],
よのひとなれば,[寛]よのひとなれは,
たまきはる[寛],
いのちもしらず,[寛]いのちもしらす,
うなはらの[寛],
かしこきみちを[寛],
しまづたひ,[寛]しまつたひ,
いこぎわたりて,[寛]いこきわたりて,
ありめぐり,[寛]ありめくり,
わがくるまでに,[寛]わかくるまてに,
たひらけく[寛],
おやはいまさね[寛],
つつみなく[寛],
つまはまたせと[寛],
すみのえの[寛],
あがすめかみに,[寛]あかすめかみに,
ぬさまつり[寛],
いのりまをして[寛],
なにはつに[寛],
ふねをうけすゑ[寛],
やそかぬき[寛],
かこととのへて[寛],
あさびらき,[寛]あさひらき,
わはこぎでぬと,[寛]わはこきてぬと,
いへにつげこそ,[寛]いへにつけこそ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました