万葉集4380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4380番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4380番について

歌番号

4380番

原文

奈尓波刀乎|己岐埿弖美例婆|可美佐夫流|伊古麻多可祢尓|久毛曽多奈妣久

訓読

難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびく

かな読み

なにはとを|こぎでてみれば|かみさぶる|いこまたかねに|くもぞたなびく

カタカナ読み

ナニハトヲ|コギデテミレバ|カミサブル|イコマタカネニ|クモゾタナビク

ローマ字読み|大文字

NANIHATO|KOGIDETEMIREBA|KAMISABURU|IKOMATAKANENI|KUMOZOTANABIKU

ローマ字読み|小文字

nanihato|kogidetemireba|kamisaburu|ikomatakaneni|kumozotanabiku

左注|左註

右一首梁田郡上丁大田部三成||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|地名|難波|大阪|叙景|出発|栃木|田口大戸

校異

特に無し

寛永版本

なにはとを[寛],
こぎでてみれば,[寛]こきててみれは,
かみさぶる,[寛]かみさふる,
いこまたかねに[寛],
くもぞたなびく,[寛]くもそたなひく,

巻数

第20巻

作者

大田部三成

タイトルとURLをコピーしました