万葉集4396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4396番について

歌番号

4396番

原文

保理江欲利|安佐之保美知尓|与流許都美|可比尓安里世波|都刀尓勢麻之乎

訓読

堀江より朝潮満ちに寄る木屑貝にありせばつとにせましを

かな読み

ほりえより|あさしほみちに|よるこつみ|かひにありせば|つとにせましを

カタカナ読み

ホリエヨリ|アサシホミチニ|ヨルコツミ|カヒニアリセバ|ツトニセマシヲ

ローマ字読み|大文字

HORIEYORI|ASASHIHOMICHINI|YORUKOTSUMI|KAHINIARISEBA|TSUTONISEMASHIO

ローマ字読み|小文字

horieyori|asashihomichini|yorukotsumi|kahiniariseba|tsutonisemashio

左注|左註

右三首二月十七日兵部少輔大伴家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月17日年紀|独詠|地名|難波|大阪|望郷

校異

特に無し

寛永版本

ほりえより[寛],
あさしほみちに[寛],
よるこつみ[寛],
かひにありせば,[寛]かひにありせは,
つとにせましを[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました