万葉集4414番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4414番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4414番について

歌番号

4414番

原文

於保伎美乃|美己等可之古美|宇都久之氣|麻古我弖波奈利|之末豆多比由久

訓読

大君の命畏み愛しけ真子が手離り島伝ひ行く

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|うつくしけ|まこがてはなり|しまづたひゆく

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|ウツクシケ|マコガテハナリ|シマヅタヒユク

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|UTSUKUSHIKE|MAKOGATEHANARI|SHIMAZUTAHIYUKU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|utsukushike|makogatehanari|shimazutahiyuku

左注|左註

右一首助丁秩父郡大伴部小歳||二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|埼玉|安曇三國|悲別|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
うつくしけ[寛],
まこがてはなり,[寛]まこかてはなれ,
しまづたひゆく,[寛]しまつたひゆく,

巻数

第20巻

作者

大伴部小歳

タイトルとURLをコピーしました