万葉集4402番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4402番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4402番について

歌番号

4402番

原文

知波夜布留|賀美乃美佐賀尓|奴佐麻都<里>|伊波<布>伊能知波|意毛知々我多米

訓読

ちはやぶる神の御坂に幣奉り斎ふ命は母父がため

かな読み

ちはやふる|かみのみさかに|ぬさまつり|いはふいのちは|おもちちがため

カタカナ読み

チハヤフル|カミノミサカニ|ヌサマツリ|イハフイノチハ|オモチチガタメ

ローマ字読み|大文字

CHIHAYAFURU|KAMINOMISAKANI|NUSAMATSURI|IHAFUINOCHIHA|OMOCHICHIGATAME

ローマ字読み|小文字

chihayafuru|kaminomisakani|nusamatsuri|ihafuinochiha|omochichigatame

左注|左註

右一首主帳埴科郡神人部子忍男||二月廿二日信濃國防人部領使上道得病不来|進歌<數>十二首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月22日年紀|防人歌|羈旅|手向醎|地名|長野|悲別

校異

里->理【元】【春】|負->布【元】【春】

寛永版本

ちはやぶる,[寛]ちはやふる
かみのみさかに[寛],
ぬさまつり[寛],
いはふいのちは[寛],
おもちちがため,[寛]おもちちかため,

巻数

第20巻

作者

神人部子忍男

タイトルとURLをコピーしました