万葉集4410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4410番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4410番について

歌番号

4410番

原文

美蘇良由久|々母々都可比等|比等波伊倍等|伊弊頭刀夜良武|多豆伎之良受母

訓読

み空行く雲も使と人は言へど家づと遣らむたづき知らずも

かな読み

みそらゆく|くももつかひと|ひとはいへど|いへづとやらむ|たづきしらずも

カタカナ読み

ミソラユク|クモモツカヒト|ヒトハイヘド|イヘヅトヤラム|タヅキシラズモ

ローマ字読み|大文字

MISORAYUKU|KUMOMOTSUKAHITO|HITOHAIHEDO|IHEZUTOYARAMU|TAZUKISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

misorayuku|kumomotsukahito|hitohaihedo|ihezutoyaramu|tazukishirazumo

左注|左註

二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月23日年紀|防人歌|望郷|悲別

校異

特に無し

寛永版本

みそらゆく[寛],
くももつかひと[寛],
ひとはいへど,[寛]ひとはいへと,
いへづとやらむ,[寛]いへつとやらむ,
たづきしらずも,[寛]たつきしらすも,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました