万葉集4409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4409番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4409番について

歌番号

4409番

原文

伊弊婢等乃|伊波倍尓可安良牟|多比良氣久|布奈埿波之奴等|於夜尓麻乎佐祢

訓読

家人の斎へにかあらむ平けく船出はしぬと親に申さね

かな読み

いへびとの|いはへにかあらむ|たひらけく|ふなではしぬと|おやにまをさね

カタカナ読み

イヘビトノ|イハヘニカアラム|タヒラケク|フナデハシヌト|オヤニマヲサネ

ローマ字読み|大文字

IHEBITONO|IHAHENIKAARAMU|TAHIRAKEKU|FUNADEHASHINUTO|OYANIMAOSANE

ローマ字読み|小文字

ihebitono|ihahenikaaramu|tahirakeku|funadehashinuto|oyanimaosane

左注|左註

二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月23日年紀|悲別|防人歌|望郷|同情

校異

特に無し

寛永版本

いへびとの,[寛]いへひとの,
いはへにかあらむ[寛],
たひらけく[寛],
ふなではしぬと,[寛]ふなてはしぬと,
おやにまをさね[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました