万葉集4373番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4373番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4373番について

歌番号

4373番

原文

祁布与利波|可敝里見奈久弖|意富伎美乃|之許乃美多弖等|伊埿多都和例波

訓読

今日よりは返り見なくて大君の醜の御楯と出で立つ我れは

かな読み

けふよりは|かへりみなくて|おほきみの|しこのみたてと|いでたつわれは

カタカナ読み

ケフヨリハ|カヘリミナクテ|オホキミノ|シコノミタテト|イデタツワレハ

ローマ字読み|大文字

KEFUYORIHA|KAHERIMINAKUTE|OHOKIMINO|SHIKONOMITATETO|IDETATSUWAREHA

ローマ字読み|小文字

kefuyoriha|kaheriminakute|ohokimino|shikonomitateto|idetatsuwareha

左注|左註

右一首火長今奉部与曽布||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|栃木|田口大戸|出発|壮行

校異

特に無し

寛永版本

けふよりは[寛],
かへりみなくて[寛],
おほきみの[寛],
しこのみたてと[寛],
いでたつわれは,[寛]いてたつわれは,

巻数

第20巻

作者

今奉部与曽布

タイトルとURLをコピーしました