万葉集4403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4403番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4403番について

歌番号

4403番

原文

意保枳美能|美己等可之古美|阿乎久<牟>乃|<等能>妣久夜麻乎|古与弖伎怒加牟

訓読

大君の命畏み青雲のとのびく山を越よて来ぬかむ

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|あをくむの|とのびくやまを|こよてきぬかむ

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|アヲクムノ|トノビクヤマヲ|コヨテキヌカム

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|AOKUMUNO|TONOBIKUYAMAO|KOYOTEKINUKAMU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|aokumuno|tonobikuyamao|koyotekinukamu

左注|左註

右一首小長谷部笠麻呂|二月廿二日信濃國防人部領使上道得病不来|進歌<數>十二首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月22日年紀|防人歌|羈旅|長野

校異

毛->牟【元】【類】【紀】|多奈->等能【元】|->數【元】【細】

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
あをくむの,[寛]あをくもの,
とのびくやまを,[寛]たなひくやまを,
こよてきぬかむ,[寛]こえてきぬかも,

巻数

第20巻

作者

小長谷部笠麻呂

タイトルとURLをコピーしました