夏雑歌

万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1978番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1978番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1978番について歌番号1978番原文橘|花落里尓|通名者|山霍公鳥|将令響鴨訓読橘の花散る里に通ひなば山霍公鳥響もさむかもかな読みたちばなの|はなちるさとに...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1950番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1950番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1950番について歌番号1950番原文霍公鳥|花橘之|枝尓居而|鳴響者|花波散乍訓読霍公鳥花橘の枝に居て鳴き響もせば花は散りつつかな読みほととぎす|はなたちば...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1966番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1966番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1966番について歌番号1966番原文風散|花橘S|袖受而|為君御跡|思鶴鴨訓読風に散る花橘を袖に受けて君がみ跡と偲ひつるかもかな読みかぜにちる|はなたちばな...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1951番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1951番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1951番について歌番号1951番原文慨哉|四去霍公鳥|今社者|音之干蟹|来喧響目訓読うれたきや醜霍公鳥今こそば声の嗄るがに来鳴き響めめかな読みうれたきや|し...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1967番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1967番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1967番について歌番号1967番原文香細寸|花橘乎|玉貫|将送妹者|三礼而毛有香訓読かぐはしき花橘を玉に貫き贈らむ妹はみつれてもあるかかな読みかぐはしき|は...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1952番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1952番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1952番について歌番号1952番原文今夜乃|於保束無荷|霍公鳥|喧奈流聲之|音乃遥左訓読今夜のおほつかなきに霍公鳥鳴くなる声の音の遥けさかな読みこよひの|お...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1968番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1968番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1968番について歌番号1968番原文霍公鳥|来鳴響|橘之|花散庭乎|将見人八孰訓読霍公鳥来鳴き響もす橘の花散る庭を見む人や誰れかな読みほととぎす|きなきとよ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1953番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1953番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1953番について歌番号1953番原文五月山|宇能花月夜|霍公鳥|雖聞不飽|又鳴鴨訓読五月山卯の花月夜霍公鳥聞けども飽かずまた鳴かぬかもかな読みさつきやま|う...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1969番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1969番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1969番について歌番号1969番原文吾屋前之|花橘者|落尓家里|悔時尓|相在君鴨訓読我が宿の花橘は散りにけり悔しき時に逢へる君かもかな読みわがやどの|はなた...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1954番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1954番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1954番について歌番号1954番原文霍公鳥|来居裳鳴香|吾屋前乃|花橘乃|地二落六見牟訓読霍公鳥来居も鳴かぬか我がやどの花橘の地に落ちむ見むかな読みほととぎ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1970番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1970番について歌番号1970番原文見渡者|向野邊乃|石竹之|落巻惜毛|雨莫零行年訓読見わたせば向ひの野辺のなでしこの散らまく惜しも雨な降りそねかな読みみわ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1955番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1955番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1955番について歌番号1955番原文霍公鳥|厭時無|菖蒲|蘰将為日|従此鳴度礼訓読霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れかな読みほととぎす|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1971番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1971番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1971番について歌番号1971番原文雨間開而|國見毛将為乎|故郷之|花橘者|散家可聞訓読雨間明けて国見もせむを故郷の花橘は散りにけむかもかな読みあままあけて...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1956番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1956番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1956番について歌番号1956番原文山跡庭|啼而香将来|霍公鳥|汝鳴毎|無人所念訓読大和には鳴きてか来らむ霍公鳥汝が鳴くごとになき人思ほゆかな読みやまとには...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1972番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1972番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1972番について歌番号1972番原文野邊見者|瞿麦之花|咲家里|吾待秋者|近就良思母訓読野辺見ればなでしこの花咲きにけり我が待つ秋は近づくらしもかな読みのへ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1957番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1957番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1957番について歌番号1957番原文宇能花乃|散巻惜|霍公鳥|野出山入|来鳴令動訓読卯の花の散らまく惜しみ霍公鳥野に出で山に入り来鳴き響もすかな読みうのはな...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1973番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1973番について歌番号1973番原文吾妹子尓|相市乃花波|落不過|今咲有如|有与奴香聞訓読我妹子に楝の花は散り過ぎず今咲けるごとありこせぬかもかな読みわぎも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1958番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1958番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1958番について歌番号1958番原文橘之|林乎殖|霍公鳥|常尓冬及|住度金訓読橘の林を植ゑむ霍公鳥常に冬まで棲みわたるがねかな読みたちばなの|はやしをうゑむ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1974番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1974番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1974番について歌番号1974番原文春日野之|藤者散去而|何物鴨|御狩人之|折而将挿頭訓読春日野の藤は散りにて何をかもみ狩の人の折りてかざさむかな読みかすが...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1959番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1959番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1959番について歌番号1959番原文雨へ之|雲尓副而|霍公鳥|指春日而|従此鳴度訓読雨晴れの雲にたぐひて霍公鳥春日をさしてこゆ鳴き渡るかな読みあまばれの|く...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1975番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1975番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1975番について歌番号1975番原文不時|玉乎曽連有|宇能花乃|五月乎待者|可久有訓読時ならず玉をぞ貫ける卯の花の五月を待たば久しくあるべみかな読みときなら...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1960番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1960番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1960番について歌番号1960番原文物念登|不宿旦開尓|霍公鳥|鳴而左度|為便無左右二訓読物思ふと寐ねぬ朝明に霍公鳥鳴きてさ渡るすべなきまでにかな読みものも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1976番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1976番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1976番について歌番号1976番原文宇能花乃|咲落岳従|霍公鳥|鳴而沙|公者聞津八訓読卯の花の咲き散る岡ゆ霍公鳥鳴きてさ渡る君は聞きつやかな読みうのはなの|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1945番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1945番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1945番について歌番号1945番原文旦霧|八重山越而|霍公鳥|宇能花邊柄|鳴越来訓読朝霧の八重山越えて霍公鳥卯の花辺から鳴きて越え来ぬかな読みあさぎりの|や...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1961番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1961番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1961番について歌番号1961番原文吾衣|於君令服与登|霍公鳥|吾乎領|袖尓来居管訓読我が衣を君に着せよと霍公鳥我れをうながす袖に来居つつかな読みわがきぬを...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1977番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1977番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1977番について歌番号1977番原文聞津八跡|君之問世流|霍公鳥|小竹野尓所沾而|従此鳴綿類訓読聞きつやと君が問はせる霍公鳥しののに濡れてこゆ鳴き渡るかな読...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1946番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1946番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1946番について歌番号1946番原文木高者|曽木不殖|霍公鳥|来鳴令響而|戀令益訓読木高くはかつて木植ゑじ霍公鳥来鳴き響めて恋まさらしむかな読みこだかくは|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1962番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1962番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1962番について歌番号1962番原文本人|霍公鳥乎八|希将見|今哉汝来|戀乍居者訓読本つ人霍公鳥をやめづらしく今か汝が来る恋ひつつ居ればかな読みもとつひと|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1947番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1947番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1947番について歌番号1947番原文難相|君尓逢有夜|霍公鳥|他時従者|今鳴目訓読逢ひかたき君に逢へる夜霍公鳥他時ゆは今こそ鳴かめかな読みあひかたき|きみに...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1963番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1963番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1963番について歌番号1963番原文如是許|雨之零尓|霍公鳥|宇花山尓|猶香将鳴訓読かくばかり雨の降らくに霍公鳥卯の花山になほか鳴くらむかな読みかくばかり|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1948番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1948番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1948番について歌番号1948番原文木晩之|暮闇有尓||霍公鳥|何處乎家登|鳴渡良訓読木の暗の夕闇なるに||霍公鳥いづくを家と鳴き渡るらむかな読みこのくれの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1964番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1964番について歌番号1964番原文黙然毛将有|時母鳴奈武|日晩乃|物念時尓|鳴管本名訓読黙もあらむ時も鳴かなむひぐらしの物思ふ時に鳴きつつもとなかな読みも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1949番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1949番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1949番について歌番号1949番原文霍公鳥|今朝之旦明尓|鳴都流波|君将聞可|朝宿疑将寐訓読霍公鳥今朝の朝明に鳴きつるは君聞きけむか朝寐か寝けむかな読みほと...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1965番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1965番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1965番について歌番号1965番原文思子之|衣将摺尓|々保比与|嶋之榛原|秋不立友訓読思ふ子が衣摺らむににほひこそ島の榛原秋立たずともかな読みおもふこが|こ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1937番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1937番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1937番について歌番号1937番原文大夫|出立向|故郷之|神名備山尓|明来者|柘之左枝尓|暮去者|小松之若末尓|里人之|聞戀麻田|山彦乃|答響萬田|霍公鳥|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1938番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1938番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1938番について歌番号1938番原文客尓為而|妻戀為良思|霍公鳥|神名備山尓|左夜深而鳴訓読旅にして妻恋すらし霍公鳥神なび山にさ夜更けて鳴くかな読みたびにし...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1939番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1939番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1939番について歌番号1939番原文霍公鳥|汝始音者|於吾欲得|五月之珠尓|交而将貫訓読霍公鳥汝が初声は我れにもが五月の玉に交へて貫かむかな読みほととぎす|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1940番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1940番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1940番について歌番号1940番原文朝霞|棚引野邊|足桧木乃|山霍公鳥|何時来将鳴訓読朝霞たなびく野辺にあしひきの山霍公鳥いつか来鳴かむかな読みあさかすみ|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1941番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1941番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1941番について歌番号1941番原文旦|八重山越而|喚孤鳥|吟八汝来|屋戸母不有九訓読朝霧の八重山越えて呼子鳥鳴きや汝が来る宿もあらなくにかな読みあさぎりの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1942番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1942番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1942番について歌番号1942番原文霍公鳥|音聞哉|宇能花乃|開落岳尓|田葛引D嬬訓読霍公鳥鳴く声聞くや卯の花の咲き散る岡に葛引く娘女かな読みほととぎす|な...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1943番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1943番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1943番について歌番号1943番原文月夜吉|鳴霍公鳥|欲見|吾草取有|見人毛欲得訓読月夜よみ鳴く霍公鳥見まく欲り我れ草取れり見む人もがもかな読みつくよよみ|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1944番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1944番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1944番について歌番号1944番原文藤浪之|散巻惜|霍公鳥|今城岳S|鳴而越奈利訓読藤波の散らまく惜しみ霍公鳥今城の岡を鳴きて越ゆなりかな読みふぢなみの|ち...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1479番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1479番について歌番号1479番原文隠耳|居者欝悒|奈具左武登|出立聞者|来鳴日晩訓読隠りのみ居ればいぶせみ慰むと出で立ち聞けば来鳴くひぐらしかな読みこもり...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1495番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1495番について歌番号1495番原文足引乃|許乃間立八十一|霍公鳥|如此聞始而|後将戀可聞訓読あしひきの木の間立ち潜く霍公鳥かく聞きそめて後恋ひむかもかな読...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1480番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1480番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1480番について歌番号1480番原文我屋戸尓|月押照有|霍公鳥|心有今夜|来鳴令響訓読我が宿に月おし照れり霍公鳥心あれ今夜来鳴き響もせかな読みわがやどに|つ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1496番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1496番について歌番号1496番原文吾屋前之|瞿麥乃花|盛有|手折而一目|令見兒毛我母訓読我が宿のなでしこの花盛りなり手折りて一目見せむ子もがもかな読みわが...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1481番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1481番について歌番号1481番原文我屋前乃|花橘尓|霍公鳥|今社鳴米|友尓相流時訓読我が宿の花橘に霍公鳥今こそ鳴かめ友に逢へる時かな読みわがやどの|はなた...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1497番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1497番について歌番号1497番原文筑波根尓|吾行利世波|霍公鳥|山妣兒令響|鳴麻志也其訓読筑波嶺に我が行けりせば霍公鳥山彦響め鳴かましやそれかな読みつくは...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1482番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1482番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1482番について歌番号1482番原文皆人之|待師宇能花|雖落|奈久霍公鳥|吾将忘哉訓読皆人の待ちし卯の花散りぬとも鳴く霍公鳥我れ忘れめやかな読みみなひとの|...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1483番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1483番について歌番号1483番原文吾背子之|屋戸乃橘|花乎吉美|鳴霍公鳥|見曽吾来之訓読我が背子が宿の橘花をよみ鳴く霍公鳥見にぞ我が来しかな読みわがせこが...
タイトルとURLをコピーしました