万葉集1942番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1942番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1942番について

歌番号

1942番

原文

霍公鳥|<鳴>音聞哉|宇能花乃|開落岳尓|田葛引D嬬

訓読

霍公鳥鳴く声聞くや卯の花の咲き散る岡に葛引く娘女

かな読み

ほととぎす|なくこゑきくや|うのはなの|さきちるをかに|くずひくをとめ

カタカナ読み

ホトトギス|ナクコヱキクヤ|ウノハナノ|サキチルヲカニ|クズヒクヲトメ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKUKOEKIKUYA|UNOHANANO|SAKICHIRUOKANI|KUZUHIKUOTOME

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakukoekikuya|unohanano|sakichiruokani|kuzuhikuotome

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|植物|叙景

校異

->鳴【西(右書)】【元】【類】【紀】|葛【万葉集略解】(塙)草

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくこゑきくや,[寛]なくこえきくや,
うのはなの[寛],
さきちるをかに[寛],
くずひくをとめ,[寛]たくさひくいも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました