万葉集1951番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1951番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1951番について

歌番号

1951番

原文

慨哉|四去霍公鳥|今社者|音之干蟹|来喧響目

訓読

うれたきや醜霍公鳥今こそば声の嗄るがに来鳴き響めめ

かな読み

うれたきや|しこほととぎす|いまこそば|こゑのかるがに|きなきとよめめ

カタカナ読み

ウレタキヤ|シコホトトギス|イマコソバ|コヱノカルガニ|キナキトヨメメ

ローマ字読み|大文字

URETAKIYA|SHIKOHOTOTOGISU|IMAKOSOBA|KOENOKARUGANI|KINAKITOYOMEME

ローマ字読み|小文字

uretakiya|shikohototogisu|imakosoba|koenokarugani|kinakitoyomeme

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

うれたきや,[寛]よしえやし,
しこほととぎす,[寛]ゆくほとときす,
いまこそば,[寛]いまこそは,
こゑのかるがに,[寛]こゑのかるかに,
きなきとよめめ,[寛]きなきとよまめ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました