万葉集1956番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1956番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1956番について

歌番号

1956番

原文

山跡庭|啼而香将来|霍公鳥|汝鳴毎|無人所念

訓読

大和には鳴きてか来らむ霍公鳥汝が鳴くごとになき人思ほゆ

かな読み

やまとには|なきてかくらむ|ほととぎす|ながなくごとに|なきひとおもほゆ

カタカナ読み

ヤマトニハ|ナキテカクラム|ホトトギス|ナガナクゴトニ|ナキヒトオモホユ

ローマ字読み|大文字

YAMATONIHA|NAKITEKAKURAMU|HOTOTOGISU|NAGANAKUGOTONI|NAKIHITOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

yamatoniha|nakitekakuramu|hototogisu|naganakugotoni|nakihitomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|奈良|地名|動物|懐古

校異

特に無し

寛永版本

やまとには[寛],
なきてかくらむ[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
ながなくごとに,[寛]なかなくことに,
なきひとおもほゆ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました