万葉集1941番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1941番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1941番について

歌番号

1941番

原文

旦<霧>|八重山越而|喚孤鳥|吟八汝来|屋戸母不有九<二>

訓読

朝霧の八重山越えて呼子鳥鳴きや汝が来る宿もあらなくに

かな読み

あさぎりの|やへやまこえて|よぶこどり|なきやながくる|やどもあらなくに

カタカナ読み

アサギリノ|ヤヘヤマコエテ|ヨブコドリ|ナキヤナガクル|ヤドモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINO|YAHEYAMAKOETE|YOBUKODORI|NAKIYANAGAKURU|YADOMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asagirino|yaheyamakoete|yobukodori|nakiyanagakuru|yadomoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|枕詞|動物|叙景

校異

霞->霧【類】|三->二【西(訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

あさぎりの,[寛]あさかすみ,
やへやまこえて[寛],
よぶこどり,[寛]よふことり,
なきやながくる,[寛]なきやなかくる,
やどもあらなくに,[寛]やともあらなくに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました