万葉集1948番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1948番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1948番について

歌番号

1948番

原文

木晩之|暮闇有尓|[一云|有者]|霍公鳥|何處乎家登|鳴渡良<武>

訓読

木の暗の夕闇なるに|[一云|なれば]|霍公鳥いづくを家と鳴き渡るらむ

かな読み

このくれの|ゆふやみなるに[なれば]|ほととぎす|いづくをいへと|なきわたるらむ

カタカナ読み

コノクレノ|ユフヤミナルニ[ナレバ]|ホトトギス|イヅクヲイヘト|ナキワタルラム

ローマ字読み|大文字

KONOKURENO|YUFUYAMINARUNI[NAREBA]|HOTOTOGISU|IZUKUOIHETO|NAKIWATARURAMU

ローマ字読み|小文字

konokureno|yufuyaminaruni[nareba]|hototogisu|izukuoiheto|nakiwataruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|叙景

校異

哉->武【元】【紀】【矢】【京】

寛永版本

このくれの[寛],
ゆふやみなるに[寛],
[なれば],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
いづくをいへと,[寛]いつこをいへと,
なきわたるらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました