万葉集1977番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1977番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1977番について

歌番号

1977番

原文

聞津八跡|君之問世流|霍公鳥|小竹野尓所沾而|従此鳴綿類

訓読

聞きつやと君が問はせる霍公鳥しののに濡れてこゆ鳴き渡る

かな読み

ききつやと|きみがとはせる|ほととぎす|しののにぬれて|こゆなきわたる

カタカナ読み

キキツヤト|キミガトハセル|ホトトギス|シノノニヌレテ|コユナキワタル

ローマ字読み|大文字

KIKITSUYATO|KIMIGATOHASERU|HOTOTOGISU|SHINONONINURETE|KOYUNAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

kikitsuyato|kimigatohaseru|hototogisu|shinononinurete|koyunakiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|問答|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ききつやと[寛],
きみがとはせる,[寛]きみかとはせる,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
しののにぬれて[寛],
こゆなきわたる[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました