万葉集1967番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1967番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1967番について

歌番号

1967番

原文

香細寸|花橘乎|玉貫|将送妹者|三礼而毛有香

訓読

かぐはしき花橘を玉に貫き贈らむ妹はみつれてもあるか

かな読み

かぐはしき|はなたちばなを|たまにぬき|おくらむいもは|みつれてもあるか

カタカナ読み

カグハシキ|ハナタチバナヲ|タマニヌキ|オクラムイモハ|ミツレテモアルカ

ローマ字読み|大文字

KAGUHASHIKI|HANATACHIBANAO|TAMANINUKI|OKURAMUIMOHA|MITSURETEMOARUKA

ローマ字読み|小文字

kaguhashiki|hanatachibanao|tamaninuki|okuramuimoha|mitsuretemoaruka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かぐはしき,[寛]かくはしき,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
たまにぬき[寛],
おくらむいもは[寛],
みつれてもあるか[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました