万葉集1495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1495番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1495番について

歌番号

1495番

原文

足引乃|許乃間立八十一|霍公鳥|如此聞始而|後将戀可聞

訓読

あしひきの木の間立ち潜く霍公鳥かく聞きそめて後恋ひむかも

かな読み

あしひきの|このまたちくく|ほととぎす|かくききそめて|のちこひむかも

カタカナ読み

アシヒキノ|コノマタチクク|ホトトギス|カクキキソメテ|ノチコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|KONOMATACHIKUKU|HOTOTOGISU|KAKUKIKISOMETE|NOCHIKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|konomatachikuku|hototogisu|kakukikisomete|nochikohimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
このまたちくく[寛],
ほととぎす,[寛]
かくききそめて[寛],
のちこひむかも[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました