万葉集1943番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1943番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1943番について

歌番号

1943番

原文

月夜吉|鳴霍公鳥|欲見|吾草取有|見人毛欲得

訓読

月夜よみ鳴く霍公鳥見まく欲り我れ草取れり見む人もがも

かな読み

つくよよみ|なくほととぎす|みまくほり|われくさとれり|みむひともがも

カタカナ読み

ツクヨヨミ|ナクホトトギス|ミマクホリ|ワレクサトレリ|ミムヒトモガモ

ローマ字読み|大文字

TSUKUYOYOMI|NAKUHOTOTOGISU|MIMAKUHORI|WAREKUSATORERI|MIMUHITOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

tsukuyoyomi|nakuhototogisu|mimakuhori|warekusatoreri|mimuhitomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

つくよよみ,[寛]つきよよし,
なくほととぎす,[寛]なくほとときす,
みまくほり[寛],
われくさとれり,[寛]わかさをとれる,
みむひともがも,[寛]みむひともかな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました