万葉集1954番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1954番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1954番について

歌番号

1954番

原文

霍公鳥|来居裳鳴香|吾屋前乃|花橘乃|地二落六見牟

訓読

霍公鳥来居も鳴かぬか我がやどの花橘の地に落ちむ見む

かな読み

ほととぎす|きゐもなかぬか|わがやどの|はなたちばなの|つちにおちむみむ

カタカナ読み

ホトトギス|キヰモナカヌカ|ワガヤドノ|ハナタチバナノ|ツチニオチムミム

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|KIIMONAKANUKA|WAGAYADONO|HANATACHIBANANO|TSUCHINIOCHIMUMIMU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|kiimonakanuka|wagayadono|hanatachibanano|tsuchiniochimumimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
きゐもなかぬか,[寛]ゐてもなくか,
わがやどの,[寛]わかやとの,
はなたちばなの,[寛]はなたちはなの,
つちにおちむみむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました