万葉集1939番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1939番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1939番について

歌番号

1939番

原文

霍公鳥|汝始音者|於吾欲得|五月之珠尓|交而将貫

訓読

霍公鳥汝が初声は我れにもが五月の玉に交へて貫かむ

かな読み

ほととぎす|ながはつこゑは|われにもが|さつきのたまに|まじへてぬかむ

カタカナ読み

ホトトギス|ナガハツコヱハ|ワレニモガ|サツキノタマニ|マジヘテヌカム

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAGAHATSUKOEHA|WARENIMOGA|SATSUKINOTAMANI|MAJIHETENUKAMU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nagahatsukoeha|warenimoga|satsukinotamani|majihetenukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
ながはつこゑは,[寛]なかはつこゑは,
われにもが,[寛]われにかも,
さつきのたまに[寛],
まじへてぬかむ,[寛]まちへてぬかむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました